2019年01月01日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。



posted by 副業探偵 at 12:00| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

ブログ再開します。

ブログ再開します。





ラベル:日記
posted by 副業探偵 at 10:19| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

当分の間ブログの更新お休みしますね。

当分の間ブログの更新お休みしますね。



ラベル:日記
posted by 副業探偵 at 12:57| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

不動産登記簿や商業登記簿についても書いていきたいと思います。

ここのところ更新が滞っていました。不動産登記簿や商業登記簿の申請の仕方や見方についても書いていきたいと思います。現在はネタの整理中ですのでお待ちください。




ラベル:日記
posted by 副業探偵 at 15:22| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

3月になり暖かくなり始めましたね。

3月になり暖かくなり始めましたね。



ラベル:日記
posted by 副業探偵 at 16:00| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。



ラベル:日記
posted by 副業探偵 at 14:00| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

今年も1年ありがとうございました。

今年も1年ありがとうございました。



ラベル:日記
posted by 副業探偵 at 10:26| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

要らないものを捨てる。

今年もあと1か月半で終わりですね。今僕がやっているのは「要らないものを捨てる」ということなんですよ。こういう書き込みをすると、「物を捨てるのはもったいない」「物を大切に使う気持ちが大切だ」という意見をいう人が良くいますが、この考え方はある意味正しくてある意味間違えていると思うのですよ。というのは、「物を捨てるのはもったいない」「物を大切に使う気持ちが大切だ」と言うのならば最初からいらないものを買わなければいいのですよ。本当に要るものなのか要らないものなのかよくよく考えて本当に必要なものなら購入すればいいし、要らない、または判断に迷うというのであれば購入することを見送れば良いのです。そうすれば経済的に得ですから。まず自分の家の中にあるものの中で「必要なもの」「判断に迷うもの」「絶対に必要ないもの」に区分して、要らないものをどんどん捨てていきましょう(大掃除の兼ね合いもありますけど)。要らないものを捨てれば、探し物をする時間的ロスも減って気分的にも精神的にもスッキリするし、経済的な意味でも得する(要らないものを買わなくて済む)ということなのですよ。



年内に要らないものをごみとして捨てるだけでなく、古本屋さんやリサイクルショップにも売却する予定です。


ラベル:日記
posted by 副業探偵 at 09:48| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

安請け合いはしない。

仕事でも副業でも調査でも安請け合いはしないのが当たり前です。よくできもしないのに「できます、できます」と言っておきながら結局納期間際などになって「できません、助けてください」などと言ってくる人がいますが、これは絶対にやめたほうがいい。それはその人の信用にも関わりますから。できないから断っているのにもかかわらず仕事を押し付けたのならば、依頼した側が問題だと思う。しかし、できないのにできますと答える人は「仕事に関する認識が甘い」「自分が困っていたら助けてくれて当たり前」「自己管理やスケジュール管理がいい加減」可能性がある。 できないことは出来ないと断る。もしひき受けるならここまでなら責任持てるがここまでは責任が持てないとはっきり言った方がいいですよ。



ラベル:日記
posted by 副業探偵 at 22:13| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ネットの電話帳というサイト

ネットの電話帳というサイトというサイトを先日発見した。このサイトを利用すれば過去に住んでいた人の情報を調べるのに便利な部分があります。ただ、このサイトには「電話帳に電話番号を公表している人の情報のみ掲載されている(電話帳に名前等を掲載していない人の情報は出てこない)」「携帯電話やPHSの契約者情報は出てこない(当たり前だが)」ということです。ある意味調査に利用できますね(どんな調査かは教えませんが)。

ネットの電話帳とは、示現舎合同会社代表・“鳥取ループ”こと宮部龍彦が運営しているインターネット電話帳である。以前は「住所でポン!」という名称であった。
○概要
2000年、2007年、2012年のハローページに掲載された固定電話の電話番号、名前、住所が掲載されている。ハローページが市区町村別に五十音順に掲載されているのに対し、ネットの電話帳は小地域(行政区画)別にページが分けられているところが特徴である。また、電話番号、名前で検索することができ、グーグルなどのサーチエンジンを利用した検索も可能である。災害や事件発生時に、被災地域の住民や事件関係者の連絡先が掲載されたページのアクセスが急増することがある。一方で、新聞の投書欄の投稿者の詳細な住所・電話番号を特定して悪戯をする者がいたことが一時期問題となった[2](このため、現在はどの社も無断転載禁止を明記し、市町村レベルの居住地表記は取り止めている)。有料版(JPON EXTREME)と、iOS、Androidアプリ版では、1993年から2013年までの電話帳を検索可能であり、延べ600,000,000件程度のデータを検索できるとしている。2015年8月14日、運営者の宮部龍彦が京都市の50代の男性からプライバシー権侵害で京都地裁に提訴された。10年以上前にNTTの電話帳から抹消した住所と氏名と電話番号を「ネットの電話帳」に無断公開されて迷惑しているから情報の削除と60万円の損害賠償を求める、というのが原告の主張である。2017年4月25日、京都地方裁判所は原告の訴えを認め、個人情報の削除と5万円の損害賠償を命じたが、2017年5月2日に原告、2017年5月3日に被告の双方が控訴している。電話帳の掲載情報の利用に法律上の規制はなく、NTT西日本の担当者は産経新聞に対し「ハローページは『公開情報』。使用方法について著作権侵害などの不法行為が確認できない限り、規制するのは困難だ」と語っている。トレンドマイクロは同社の出したレポート「日本のサイバー犯罪アンダーグラウンド」で、アンダーグラウンド市場として、ネットの電話帳の有料版であるJPON EXTREMEを名指ししている。ネットの電話帳の内容を丸ごとコピーし、公開するサイトも登場している。

○歴史
2012年6月-「住所でポン!」という名称でサービスを開始。

2015年5月-サイト名が「ネットの電話帳」に変更される。





posted by 副業探偵 at 15:34| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする