2016年01月28日

小保方氏、手記出版へ「混入犯に仕立て上げられた」

STAP細胞論文の研究不正問題をめぐり、論文を書いた小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)が手記を出版することが26日、わかった。小保方氏がまとまった主張を公表するのは、2014年4月の会見以降初めて。タイトルは「あの日」で、全253ページ。講談社から出版され、早ければ28日に書店に並ぶ。14年1月に論文を発表後、不正の疑惑が浮上して論文の撤回に至る詳細などを当事者の視点でつづっている。小保方氏は手記の冒頭で「世間を大きくお騒がせしたことを心よりおわび申し上げます」とした上で、幼少期から米ハーバード大留学などを経て、理研の研究員となって論文を発表するまでの経緯を説明している。

朝日新聞デジタル 1月27日(水)5時5分配信


ついに本が出たかという感じやね。けどこういう本に関しても1時的には話題になって興味本位で読むやつはいるけど、あまりこういう本を書くのも良くないと思うで(書くなとは言わんけど)。いい評価にはならないと思うで。確かに理研や周りの人間の側にもいろいろ問題があるのはわかるけど本人にも問題があったのではと思うで。まあ、好きにしとけというところやな。

あの日 -
あの日 - 小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books) -
小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books) - 捏造の科学者 STAP細胞事件 -
捏造の科学者 STAP細胞事件 - STAP細胞の真実_日本中が驚いた小保方晴子氏を巡る騒動劇の全貌解明! -
STAP細胞の真実_日本中が驚いた小保方晴子氏を巡る騒動劇の全貌解明! -





ラベル:人間観察 書籍
【関連する記事】
posted by 副業探偵 at 22:17| 大阪 ☔| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする