2013年06月12日

宅見事件最後の犯人逮捕

最後の指名手配犯逮捕、潜伏先の埼玉で発見宅見組組長射殺事件
平成9年8月、神戸市中央区のホテルで指定暴力団山口組の最高幹部だった宅見勝・宅見組組長=当時(61)=ら2人が射殺された事件で、兵庫県警暴力団対策課などは5日、殺人などの疑いで指名手配していた元暴力団中野会(解散)組員、財津晴敏容疑者(56)を潜伏先の埼玉県内で逮捕した。現場指揮役だったとみられ、「見届け役として現場に行った」と容疑を認めている。県警は一連の事件で計18人を逮捕しており、実行犯4人のうち3人は実刑判決が確定、1人を容疑者死亡で書類送検している。財津容疑者は最後の逃亡者で、県警は今後、逃走中の足取りも調べる。
産経新聞 6月5日(水)21時37分配信

97年の暴力団組長と一般人射殺事件で全国指名手配の現場指揮役を逮捕
 平成9年8月、神戸市中央区のホテルで指定暴力団山口組の最高幹部だった宅見勝・宅見組組長=当時(61)=ら2人が射殺された事件で、兵庫県警暴力団対策課などは5日、殺人などの疑いで指名手配していた元暴力団中野会(解散)組員、財津晴敏容疑者(56)を潜伏先の埼玉県内で逮捕した。現場指揮役だったとみられ、「見届け役として現場に行った」と容疑を認めている。県警は一連の事件で計18人を逮捕しており、実行犯4人のうち3人は実刑判決が確定、1人を容疑者死亡で書類送検している。財津容疑者は最後の逃亡者で、県警は今後、逃走中の足取りも調べる。神戸市内のホテルで1997年、指定暴力団山口組の宅見勝最高幹部=当時(61)=らが射殺された事件で、兵庫県警は5日、指名手配中の財津晴敏容疑者(56)を殺人などの容疑で逮捕した。容疑を認めているという。逮捕容疑は97年8月28日、神戸市中央区のホテルで宅見最高幹部を射殺し、隣のテーブルにいた男性歯科医=同(69)=にも弾を当て、殺害した疑い。神戸市中央区のホテルで1997年8月、指定暴力団山口組最高幹部の宅見勝(まさる)・宅見組組長(当時61)と、巻き添えになった歯科医師(同69)が射殺された事件で、兵庫県警は5日、2005年に解散した指定暴力団中野会元組員の財津晴敏容疑者(56)を殺人と銃刀法違反(発射)の疑いで逮捕し、発表した。県警によると、財津容疑者はこの事件で指名手配されており、潜伏先の埼玉県狭山市で逮捕された。事件にかかわった容疑者のなかで最後まで逃亡を続けていたという。財津容疑者はホテルの喫茶室に押し入った実行犯4人を、現場まで手引きする役だったとみられる。神戸市中央区のホテルで1997年8月、暴力団山口組最高幹部の宅見勝・宅見組長(当時61歳)が射殺され、流れ弾による巻き添えで歯科医師の男性(同69歳)が死亡した事件で、兵庫県警は5日、殺人と銃刀法違反の両容疑で指名手配していた埼玉県狭山市の元中野会(解散)系組長で無職の財津晴敏容疑者(56)を潜伏先のアパートで発見、逮捕した。調べに「間違いありません。犯行の見届け役として現場に行きました」などと容疑を認めているという。兵庫県警は、財津容疑者は実行犯グループの現場指揮役とみている。発表によると、財津容疑者は他の組員らと共謀。97年8月28日午後3時35分頃、神戸市中央区加納町のホテルの喫茶店で、宅見組長を射殺し、隣のテーブルに居合わせた男性を流れ弾で死亡させるなどした疑い。

逃亡16年…最後の指名手配犯逮捕 山口組若頭・宅見組長射殺事件
平成9年8月、神戸市内のホテルで指定暴力団山口組の最高幹部だった宅見勝・宅見組組長=当時(61)=ら2人が射殺された事件で、兵庫県警暴力団対策課などは5日、殺人容疑などで指名手配していた元暴力団中野会(解散)組員、財津晴敏容疑者(56)を潜伏先の埼玉県内で逮捕した。現場指揮役だったとみられ、「見届け役として現場に行った」と容疑を認めている。県警は一連の事件で計18人を逮捕しており、実行犯4人のうち3人は実刑判決が確定、1人は容疑者死亡で書類送検している。財津容疑者は最後の逃亡者で、県警は逃走していた15年以上の足取りも調べる。県警によると、この日午後、潜伏先とみられる埼玉県狭山市内のハイツの一室から出てきた財津容疑者に、捜査員2人が「財津か」と声を掛けたところ、「はい」と認めた。埼玉県警狭山署まで任意同行し、指紋などから本人と確認したという。逮捕容疑は9年8月28日、神戸市中央区のホテル4階の喫茶店にいた宅見組長を射殺し、隣のテーブルにいた歯科医の男性=当時(69)=を流れ弾で死亡させたなどとしている。
2013.6.5 20:44

殺人容疑で手配の男逮捕=97年山口組最高幹部射殺事件−兵庫県警
神戸市内のホテルで1997年、指定暴力団山口組の宅見勝最高幹部=当時(61)=らが射殺された事件で、兵庫県警は5日、指名手配中の元暴力団中野会(解散)系組長、財津晴敏容疑者(56)を殺人と銃刀法違反容疑で逮捕した。「間違いありません」「見届け役として現場に行った」などと容疑を認めているという。逮捕容疑は97年8月28日午後3時35分ごろ、神戸市中央区のホテルの喫茶店で宅見最高幹部を射殺し、隣のテーブルにいた男性歯科医=同(69)=に流れ弾を当て、殺害した疑い。同容疑者は実行グループの指揮役だったとされる。財津容疑者は5日午後2時ごろ、埼玉県狭山市のアパートから出てきたところを、兵庫県警の捜査員に職務質問され、埼玉県警狭山署で逮捕された。同市内に同容疑者らしき人物がいるとの情報が兵庫県警に寄せられていたという。同課によると、この事件ではこれまでに18人が逮捕されている。財津容疑者が同事件で逃亡中の最後の容疑者だった。(2013/06/06-00:17)

宅見組長射殺事件「現場指揮役」が2、3年前から埼玉潜伏か
平成9年8月、指定暴力団山口組の最高幹部だった宅見勝・宅見組組長=当時(61)=ら2人が射殺された事件で、兵庫県警に殺人容疑などで逮捕された暴力団中野会(解散)元組員、財津晴敏容疑者(56)が、少なくとも2〜3年前から埼玉県狭山市のアパートに住んでいた可能性が高いことが6日、捜査関係者への取材で分かった。県警が現在把握している財津容疑者や親族名義の口座には事件以降、資金の動きがなかったことも判明。県警は何者かが財津容疑者に別の手法で資金を提供し、16年間にわたる逃亡生活を支援していたとみている。捜査関係者によると、財津容疑者が潜伏していたのは、狭山市内の住宅地にある2階建てアパートの一室。捜査員が近隣で聞き込みしたところ、一部住民が「2〜3年前から財津容疑者によく似た男が住んでいた」と証言したという。財津容疑者はこれまでの調べに対し、逃亡中の行動を話していないが、この証言を否定はしていないという。兵庫県警は6日午後、財津容疑者のアパートを家宅捜索し、証言の裏付けを進めるとともに、埼玉以前の足取りについても調べる。




posted by 副業探偵 at 10:22| 大阪 ☀| 暴力団関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする