2012年06月14日

<法科大学院>明治学院大が募集停止入学志願者減で

明治学院大(東京都港区)は28日、来年度から法科大学院の学生募集を停止し、在籍する学生の卒業を待って5年後をめどに廃止すると発表した。入学志願者が減少し、改善の見込みがないためとしている。法科大学院を巡っては、姫路独協大(兵庫県姫路市)が11年度から、さいたま市の大宮法科大学院大も来年度から募集を停止。大宮法科は桐蔭横浜大(横浜市)と統合する予定になっている。明治学院大によると、04年度には1329人(定員80人)だった入学志願者が12年度には59人(同40人)に激減。実際に入学したのは5人だった。11年度の司法試験の合格率は4.5%だった。法科大学院は04年度に設置が始まり、現在全国に74校ある。政府は10年ごろに、修了者の7〜8割が司法試験に合格する目標を立てたが、11年度の合格率は平均で24%にとどまっている。入学志願者数も減少しており、文部科学省は法科大学院への補助金の支出について見直しを検討している。

これは先月28日の新聞記事です。こういう記事を見るたびに思うのですが、「廃止するなら最初から作るなよ」「よくよく考えずに入学する学生も問題だが大学院を作った学校法人にも問題あるよ」「どれだけの税金が投入されてるんだよ」「増税する前にこういう大学や大学院に補助金出すなよ(ぞれ以前に設立するな)」と言いたくなる。まだこの大学院の場合はましかな。自主的に募集停止しただけ。





posted by 副業探偵 at 10:13| 大阪 ☀| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする